Interview 社員インタビュー

M.H人材開発室マネージャー

ALLSEEDに入社された経緯を教えてください。

元々は採用関連の営業をしていました。
様々な業界・会社の社長や人事の担当の方から、採用に関するお悩みをお聞きしたり、採用ターゲットをお聞きしたりして、採用成功に向けてお仕事をする中で、「採用・人事担当」の仕事にも興味を持ち、採用系の営業から人事担当へキャリアチェンジの為に、ALLSEEDに入社致しました。

ALLSEEDは元々繋がりがあった訳ではなく、求人サイトで探して見つけました。
採用担当を軸とし、プラスして自分のキャリアを考える中で、ITのリテラシーもつけたいと思い、ALLSEEDに入社を決めました。

入社の決め手はなんですか?

人事として3社から内定を頂いたのですが、その中で3社とも全く違う社風の会社でしたが、代表の方や当時の面接を担当されていた方と話した時のインスピレーションで考えたときにALLSEEDが一番合うと思いました。

弊社は、イケイケなベンチャー感は無く、雰囲気は落ち着いている方だと思います。
仕事でもプライベートでも仲良し!みんなで盛り上げよう!みたいなベンチャーは自分に合わないと思っていたので、そこは良いポイントでした。

ただ、30年以上の歴史がありながらも、考えが凝り固まっているということもなく、意見が取り入れやすかったり、自由度が高く、そうしたところはベンチャーらしいところもあります。
そこも決め手となりました。

採用担当として、どういったことを意識していますか?

まず面接の場では、出来る限りリラックスしてもらえるように、
話しやすい雰囲気だったり言葉がけを意識しています。
本来の自分を出して頂かないと、お互いにとって、良い面接にならないと考えているからです。

また、採用担当としては、入社するエンジニアの数が目標になりますが、
何が何でもALLSEEDに来てほしい!という採用を目的とするのではなく、応募してくれた方にとって、何が良い判断なのか、ALLSEEDに来ることがその方のキャリアにとって良いことなのか?その方の転職活動が良いものになるにはどうしたらいいか?という軸をブラさないようにしています。

ALLSEEDの魅力は?

キャリアパスが豊富なことです。
抱えている案件がかなり豊富だと思います。
未経験の方であればテストの案件などもありますし、開発・ゲーム・インフラなど、エンジニアの方の希望によって様々なキャリアパスが描けるかと思います。

また、エンジニアのマネジメント体制です。
担当営業がエンジニアのサポートをするというのはもちろんですが、エンジニアでチームを組んでいます。エンジニアでマネジメントラインを設けているので、エンジニア同士だからこそ分かる悩みなども解消できる環境かと思います。

Entry エントリー

あなたの可能性を、ALLSEEDで
育ててみませんか?